共通の敵を作るのはOK? NG?

●声と言葉で仲良くなれる

今回の『内向型人間が声と話し方でソンしない本』は、
発声をメインに取り上げた、しかも共鳴発声法の基礎から解説している、
初めての本です。

「今回の」といっても、もう半年以上経ったんですね。
時の経つのは早い。その「時」を味方につける取り組みをしていますか?

「言葉と声」のトレーニングは、気持ちいい人間関係を築くうえで
効果的かつ本質的な積み重ねとなります。

時を味方につける「積み重ね」ですね。

「言葉と声を変えることで意識が変わると、人間関係がうまくいく」のは
なぜでしょうか。

それは、

「言葉は意識の器であり、声はその言葉を乗せる乗り物」

だからです。

つまり、声と言葉はあなたという人間をすべて伝えてしまう。

誰かと仲良くなろうとするとき、どうしますか?
うまくいっていない人との関係を改善したいとき、どうしますか?

「声と言葉を見直す」のが、正統な王道です。


●こんな方法はNG

逆に、そんなときに世間一般に「こんなやり方が採られている」という、
あなたにはお奨めできない方法がいくつかあります。

たとえば、「共通の敵を作る」。

この方法は、結論から言えば、誰かと仲良くなりたいなら
頑として採用しないようオススメします。

具体的にいうと、「誰かの愚痴悪口で盛り上がる」、
「態度の裏表を使い分ける」といったやり方です。

・(同僚に)〇〇課長って、使えないっすよね
・(クレームの電話を切った後、その場にいる同僚に)ほんとサイテー

確かにこの手のやり方は、一時的には効果があるように感じられるでしょう。

だから効果的な方法として疑いもせず、他人を悪口に誘う人もいる。

しかし、「共通の敵作戦」で作れる関係など、歴史が証明しているとおり、
一時的なウソの関係です。

共通の敵がいなくなれば、あっという間に関係に亀裂が入る。

関係がギクシャクしたら、かつて悪口に同調していた事実を利用され、
窮地に追い込まれるかもしれません。

「ここだけの話さあ」と巧みに誰かの悪口にあなたを引き込むような人は、
別の場になればあなたの悪口に誰かを引き込んでいる。

そういうものです。

目の前の相手とうまくやりたいからという利己的な理由で、
その場にいない第三者をこき下ろすことを躊躇しないような人は、
何かあれば躊躇せずにあなたをこき下ろします。

個人だろうと国同士の関係だろうと、同じこと。

常に成り立つ原理原則ですね。

だから「共通の敵を作る」などという姑息な手段は、
結局うまくいかなくなるのです。


●声と言葉はうまくいく本質的方法

時間を味方につける、時間が経てば経つほどじわじわうまくいくような、
人間関係にとって本質的な方法が、「声と言葉」です。

「言葉では何とでも言える」という言い方がありますが、
言葉以外にあなたの意思や思考を詳しく伝える道具はありません。

それに、「声」までセットになったら、もはやウソはつけません。

「本物になった」と言っていい。

だから、必ずうまくいく。

使う言葉や声を変えようとすると、
一時的には馴染めず違和感があるかもしれませんが、
長い目で見ると必ずうまくいく。

「ことば学講座」で声と言葉を扱うだけでなく、
その源泉としての「意識」を同時に扱うのは、そういう理由です。

声も言葉も、あなたの内面と切り離すことができないのです。

さあ、あなたの声と言葉、じっくり育てていきましょう。

次回の「ことば学講座」、こちらからどうぞ
   ↓
https://wsi-net.org/kotoba.html (ことば学講座)

* * *

【レッスンメニューのご案内】

  1. 共鳴発声法で楽に無理なく話せるようになりたい……声のサロン
  2. 人間関係を日に日に好転させて豊かな人生を生きたい……どんどん良くなるレッスン
  3. 言葉、意識、身体の使い方をマスターするレッスン……オンラインことば学講座

何かがうまくいかないとき、苦しくなったとき、MKCカウンセリングはあなたの味方です。


声に余裕があれば得をする

●余裕のある人は得、余裕のない人は損

「余裕」はハンドルの“遊び”です。

何かがあっても、すぐに動じたりしない。

その分「レスポンスが甘い」ともいえるわけですが、
だからネガティブな気分になりにくい。

ネガティブな気分は、つらいですね。

・イライラする
・自信がない
・寂しい
・なんとなく不安
・妬ましい

こんな気分は、周囲にも良い影響を与えないばかりか、
なにより自分が一番つらい。

だから、「余裕」があるほうがいい。
余裕があると得、余裕がないと損です。

「余裕」は大事な原理原則の中でも、
「私たちの幸福度」に大きく影響する要素です。

今このテーマを「ことば学講座」で取り上げるのは、
そういう理由です。

余裕があれば、毎日を快適に、楽に、気分よく過ごせます。
だから周囲にも良い影響ばかり。

そんな人になれたら、いいですね。


●バラもユリも好き

英語に「latitude」という言葉があります。

北緯、南緯などの「緯度」を意味する言葉で、
私は以前にこの商品名のパソコンを使っていたこともあります。

latitudeはもともと「幅」を意味するラテン語から来ていて、
だから「余裕」の意味もあります。

余裕とはつまり、「幅」なんですね。
自由度、許容範囲、ゆとりの「幅」。

「ストライクゾーンが広い」ともいえる。

ここまではわかりやすい。
「これじゃないとダメ」「これは許せない」が多いと
余裕がなくなります。

好みはあってもいいんですよ。
「ネギが特に好き」なら、それもいい。

しかし、「下仁田ネギじゃないと許せない」になると
余裕がなくなってきます。

入り口の段階で、もっと広い範疇の段階で「選択」するのはいい。
「タバコは吸わない」「ギャンブルはやらない」みたいに選ぶのは
ストライクゾーンが狭いのとは違います。

大人としての美しい選択ですね。
世の中にはたくさんのことがあるのだから、
何でもかんでもやる必要はない。

こういった姿勢は、とってもすばらしい。
「これはしなくていい」と決めるのは、大人の潔さだなと思います。

でも、「花は好きだけどバラに限る。ユリもランも嫌い」
「花束はうれしいけど、バラの花束じゃないなら要らない」
では、なんだかもったいない。

ありとあらゆる花を好む必要もないけれど、
ある程度の幅があるほうが、余裕が感じられます。

私はバラもユリも好きです。


●共鳴発声法が「余裕」を生み出す理由

あなたに伝授している発声法(共鳴発声法)も、
「余裕」と関係があります。

共鳴発声法は、パワーではなく共鳴のテクニックで声量アップし、
届きやすい声質にして話す技術です。

パワーで押しきる方法ではないから、技術力の高さ次第で
「がんばらずに、楽に、届く」声が出せる。

だから、騒がしい場所でも余裕でしゃべれるし、
職場の朝礼当番も無理にがんばらなくていい。

「余裕」ですね。

まして静かな喫茶店なら、ごくわずかなエネルギーで会話ができる。

会話が楽しめるのは、余裕があるからです。
必死に声を張り上げないと会話にならないとしたら、
そんな会話は楽しくない。

水泳もスキーも、楽しいと感じるのは、夢中の中にも余裕ができてから。

毎日の仕事が楽しいとしたら、一生懸命の中に余裕があるから。

余裕があるから、人生が楽しくなります。

「金持ち喧嘩せず」という諺を知っていますか?

本来は「金持ちは計算に合わないことは決してやらない」
という意味ですが、違う意味でも解釈されるようになりました。

「余裕があればイライラせず、ケンカになりにくい」という解釈です。

こちらの解釈のほうが、余裕があっていいですね。

自力で稼ぐ能力が高ければ高いほど、トラブルに動じなくなります。
何かあって全財産を失って身一つで放り出されようと、
一からやり直せる自信があるからです。

気持ちの「余裕」ですね。

発声能力も同じだなと思います。

今の声が老化とともに少しずつ衰えていく一方だと信じていると
声が出にくくなったり、ガラガラ声が治りにくくなったりすると
「声に衰えを感じる」と焦り落ち込むかもしれません。

でも、「発声は技術だから、トレーニングによって
これから良い状態に高めていくことができる」と知っていれば、
何があっても焦りはしません。

共鳴発声法で声の「余裕」を手に入れましょう。

毎日が楽しくなりますよ。

* * *

【レッスンメニューのご案内】

  1. 共鳴発声法で楽に無理なく話せるようになりたい……声のサロン
  2. 人間関係を日に日に好転させて豊かな人生を生きたい……どんどん良くなるレッスン
  3. 言葉、意識、身体の使い方をマスターするレッスン……オンラインことば学講座

何かがうまくいかないとき、苦しくなったとき、MKCカウンセリングはあなたの味方です。


プラスの声3回で相殺するために(声でデトックス)

●声が関係を長続きさせる

良い関係を長続きさせたい相手を思い浮かべてみてください。

その人と良い関係を続けるには、いつも出している「声」が重要です。

あなたの大切な人が、すでにもう長く関係を積み重ねている相手であっても
つい最近知り合ったばかりであっても、
「声」がこれからの関係を左右していきます。

なぜなら、「声」にはあなた自身が出るからです。


●マイナスはプラスの3倍強い

もしあなたがマズイ声(マイナス)を出してしまったら、
良い声(プラス)で打ち消すといい。

そのための「共鳴発声法」です。

ただし、イヤ~な声で「嫌い」と言ってから反省して
慌てて「やっぱり好き」と良い声で言い直す程度では、
マイナスは打ち消せません。

マイナスはプラスの3倍も影響力が強いからです。

イヤ~な声を1回発したら、
良い声を3回出してやっと相殺できる、と考えるといいでしょう。

あまりにシンプルな言い方ではありますが、でもそういう感じです。

イヤ~な声でしばらく話し続けてしまったら、大変ですよ。
マイナスがこってり蓄積して、もはや朝から晩まで良い声を出し続けないと
マイナスが消せない状態になってしまう。

そんなふうになっている人も大勢います。

マイナスの声でマイナスの蓄積をたっぷり溜めておいて、

「彼にまたフラれました」
「最近なぜかギクシャクしています」
「一回デートした後、次のお誘いが来ません」

なんて落ち込んだ報告メールをくれるのではなく、
今のうちに「良い声のプラス」で相殺作業を進めましょうね。


●常に共鳴発声法で話す

『内向型人間が声と話し方でソンしない本』は、
自宅で共鳴発声法を自習できます。

まるごとレッスンの章もあり、音声レッスンまで付いていましたね。

このタイミングで本気で共鳴発声法をマスターして、
「常に共鳴発声法で話す」ようにしてみてください。

「彼にまたフラれました」
「最近なぜかギクシャクしています」
「一回デートした後、次のお誘いが来ません」

に至ったマイナスの蓄積を、少しずつ打ち消していけるはずです。

ずっと溜め続けたマイナスは、一発逆転はできません。
一発逆転でチャラにしたい気持ちは分かりますが、そう甘くない。

もっとも、「チャラにして一から始めたい」と考える思考パターンこそ、
マズイ声でマイナスしてきた蓄積する本当の原因かもしれません。

ゲームのリセットではないのだから、
「ボタン一つでまた最初から」はない。

「丁寧な積み重ね」だけが良い関係を築いてくれます。

そのためにも、「常に共鳴発声法で話す」ことが大事。

この本であなたに伝える共鳴発声法のテクニックは、
「ここぞという時だけ使う切り札」ではありません。

起きている間ずっと使い続ける、あなたのベースとなる道具です。

万が一まずい声を出してマイナスを蓄積してしまったとしても、
良い声のプラス3回で打ち消せるように、
共鳴発声法をちゃんと自分のモノにしておきましょう。

* * *

【レッスンメニューのご案内】

  1. 共鳴発声法で楽に無理なく話せるようになりたい……声のサロン
  2. 人間関係を日に日に好転させて豊かな人生を生きたい……どんどん良くなるレッスン
  3. 言葉、意識、身体の使い方をマスターするレッスン……オンラインことば学講座

何かがうまくいかないとき、苦しくなったとき、MKCカウンセリングはあなたの味方です。


声で損したらもったいない

●音声レッスンも聴いてください

『内向型人間が声と話し方でソンしない本』はお手元に届きましたか?

「さっそくアマゾンで予約しました!」
「あとは届くのを待つだけです」
「レッスンを受けるまでのこの待ち時間も好き」

「じっくり読める、声の本」になりましたね。

しかも、読むだけでなく、音声レッスンが付いています。

なにしろテーマが「声」なので、
「文字だけで読んでも、どうトレーニングしたらいいか分からない」
という読者もいると思い、その懸念を担当編集者に伝えたところ、
「だったら音声も付けましょう」ということになりました。

本当にありがたい。

本を作るとき、文章だけだって大勢が関わって作るのに、
さらに音声ファイルまで渡すとなると、
録音やファイルの用意やサーバーの管理と、なかなか大変です。

録音技師にも依頼するので、お金もかかります。

今回の本は、それだけ恵まれたレッスン本となりました。
「届く声」をしっかり身につけてくださいね。


●「声なんか聞こえりゃ十分」

中には「声なんか聞こえりゃ十分だろう」と言う人もいます。

「歌手を目指すわけでもないんだから、
気取って良い声なんか出さなくても」と毒づく人もいる。

まさにそういうことなんですよね。
「聞こえれば十分」という状況が、まずある。

では、「聞こえる声」を確実に出している自信はありますか?

そう、「聞こえれば十分」とは言いながらも、
「聞こえない瞬間がある」としたら、コミュニケーションに支障をきたします。

聞こえづらい声は、「読めない文字」と同じで、
コミュニケーションの道具として機能しません。

まずは「聞こえる声」が最低限の必要条件といえるでしょう。

それこそが、今回の本のテーマです。

「相手にちゃんと届く声」ですから。

言い換えるなら、「コミュニケーションを成立させられる声」ですね。


●「聞こえる声」の効果は「安定感」

「聞こえる声」を確実に出せるようになると、
あなたの話し方に「安定感」が出ます。

「話していて安心」
「変な緊張感がなく、落ち着いて話していられる」
「信頼感がある」

車でいえば、車種や見た目や形ではなく、「ちゃんと走る車」ですね。

だから、乗っていて安心だし、変に心配しなくても
落ち着いて運転していられる。

「ちゃんと目的地まで行ける」という信頼感がある。

それが、あなたがこれから身につける声です。

しっくりくるコミュニケーションができる声を身につけましょう。

* * *

【レッスンメニューのご案内】

  1. 共鳴発声法で楽に無理なく話せるようになりたい
  2. 人間関係を日に日に好転させて豊かな人生を生きたい
  3. 言葉、意識、身体の使い方をマスターするレッスン

何かがうまくいかないとき、苦しくなったとき、MKCカウンセリングはあなたの味方です。