トランスに確実に入る方法

 * * *

気持ちいいトランスを完全マスターする「ことば学講座」のお申込みはこちらからどうぞ。
   ↓
https://wsi-net.org/kotoba.html (ことば学講座)

 * * *

●トランスに確実に入る方法

いよいよ明日は、東京会場の「ことば学講座」ですね。

「トランスの入り口」をしっかり強化します。

トランス(変性意識状態)に入る瞬間の感じ、わかりますか?

この感じがつかめないと、トランス能力は高まりません。

入り口ですからね。

そこで、今回のことば学講座では、「トランスの入り口」をチェックします。

今まで、トランスの入り方がイマイチわからなかった方、トランスに入っている自信が持てなかった方、入り口を強化して「何があっても余裕でトランスに入れる」ようになりたい方は、今回ラッキーですね。

明日、門前仲町でしっかりトレーニングしましょう。
   ↓
https://wsi-net.org/kotoba.html (ことば学講座)

日々の気持ちよさをじわじわ高めていきますよ。


●トランスにも「努力逆転の法則」が働く

「努力逆転の法則」については、もうよく知っていますね。

努力は良いことのはずなのに、その努力が逆効果になってしまうケースです。

努力が良いこと、大事なことなのは、確かです。

何かを身につけるのに、成し遂げるのに、努力なしで「なんとなく」やっていても、うまくいくわけがありません。

努力が大事なのは、そのとおりです。

しかし、潜在意識の性質をわかったうえで、潜在意識を活用しながら努力をしないと、逆転の法則が働いてしまいます。

たとえば、必死に「私にはできる、絶対できる、必ずうまくいく」みたいに自分に言い聞かせても、うまくいかない。

そんなやり方では、努力逆転の法則が働いてしまいます。

潜在意識は、「そこまで必死にならないとダメなくらい、困難なことなのか」「じゃあ無理そうだ」という受け取り方をしてしまいます。

「私にはできる」という信念は、必死にではなく、あっさり刷り込んでおく必要があるのです。

トランスの技術にも、「努力逆転の法則」は働きます。

何事にも働きますからね。

つまり、あまりに必死に「トランスができる、マスターする、大事だから」と自分に言い聞かせたら、トランスが身につかなくなります。

トランスが身につかなかったら、ほかのすべてもうまくいかなくなります。

「トランスが大事」なんて、自分に言い聞かせるまでもなく「当たり前のこと」として、あっさり刷り込んでおく必要があります。

だから、必死になることなく、当たり前のようにトランスが「できる人」になっておくことが大事なのです。


●「恋人がほしい、恋人がほしい」人は魅力的か

努力逆転の法則は、「考え方のズレ」によって強まります。

困りますね。こんな法則が強まっては。

たとえば、「恋人がほしい、恋人がほしい」と必死な人に、恋人はできない。

「お金がほしい、お金がほしい」と必死な人は、お金に恵まれない。

「えっ、どうして!? 願えば叶うと聞いたことがあるけど」

と困惑する人もいますが、ジョゼフ・マーフィーの説を翻訳する際に「寝ていれば叶う」のような“訳し方”をされてしまったせいで、潜在意識について誤った考え方が広まってしまったという話は以前にしましたね。

明らかにおかしいですよね、「寝ていれば叶う」なんて。

「恋人がほしい、恋人がほしい」人が、「いつか恋人ができる、できる」と念じるだけで、毎日ダラダラと寝て何もせずにいたら、やがていつか恋人が「やあ、こんにちは」と訪ねてくるか。

そんなわけはない。

それは潜在意識の使い方、トランス能力の使い方が違います。

お金で考えたら、わかりやすいかもしれない。

あなたが商売をしているとして、お金がほしいとします。

だとしたら、何をしたらいいか。

お客さんが欲しがっているものを提供すれば、稼げますね。

だから、お客さんが欲しがっているものを、いかに適切に、いかに品質を高めて、いかにスムーズに用意するかに意識を縛って集中していれば、お客さんは喜んでお金を出してくれる。

しかし、「お金がほしい、お金がほしい」と念じているあなたのことを喜ぶ人はいません。

あなたの「お金を欲しがる気持ち」に対して、喜んでお金を出す人は一人もいない、ということです。

「彼女がほしい、彼女がほしい」とガツガツしている男の姿は魅力的に映りはしない。そんなところに魅力はない。

お客さんのために役に立ちたいと夢中で仕事をしている人は、カッコイイなあと思います。

だから、取り組みの結果として、あくまでも「結果的に手に入る」「結果的に恵まれる」形でないと、うまくいかない。

たとえば、学生時代に「女にモテたい」というモチベーションでバンドを組んで音楽を始める人が多かった時代がある。

入り口はそれでいい。しかし、いつまでも、40歳になっても50歳になっても「女にモテたいから音楽をやっている」では寂しい。

音楽の女神ミューズに見放されそう。

入り口は「モテたい」だとして、いつまでもその意識を強く持っていたら。結果的に「モテない」のです。

ここが大事ですね。

──と、今日は潜在意識と「努力逆転の法則」についてお話ししました。

トランスを学んでいるあなたには、すんなりスッと入っていく話だったでしょう?

それでは、明日は門前仲町で「トランスの入り方」ですよ。
   ↓
https://wsi-net.org/kotoba.html (ことば学講座)

トランス体験によって、あなたのトランス能力が高まって、気持ちいい世界を漂う境地へと至りますよ。

 * * *

次回のことば学講座は、こちらからお手続きをどうぞ。
   ↓
https://wsi-net.org/kotoba.html (ことば学講座)

 * * *

好きな人との関係を改善したいなら、共鳴発声法を身につけよう
   ↓
内向型人間が声と話し方でソンしない本』(青春出版社)
相手にちゃんと届く声で話すから
あなたの気持ちがちゃんと伝わる
https://www.amazon.co.jp/dp/4413230175

 * * *

恋愛は声で決まる! 今すぐ「モテ声」を手に入れよう
   ↓
『音色塾』(自宅で受けられる発声レッスン)
「声が悪くてモテた女のいたためしがない」
齋藤の師である声の大家はそう語った。
大丈夫。声はトレーニングで変わります。
メイクより効く「声美人」にあなたを育てるレッスン
https://www.neirojuku.com/

 * * *

瞑想の気持ちよさはどのくらい?
   ↓
あなたの毎日を気持ちよくする、トランス瞑想の技法
https://hypnos.jp/pleasure/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です