トレーニングジムだから何回でもやります

●階段の昇り方は「快適さ」

前回や前々回に、ことば学講座で「階段の昇り方」を取り上げましたね。

https://wsi-net.org/kotoba.html (ことば学講座)

残念ながら参加できなかった方から、こんなメールをいただきました。

> 前回どうしても都合がつかなくて行けなかったのが悔やまれます。
> 職場がビルの4階で、しかも日に何回も上ったり下りたりするので、
> 階段が楽になるだけで仕事が楽になります。
> また教えていただけますか?

大丈夫ですよ。
大事なことは何度も繰り返し取り上げますから。

ことば学講座は「講座」というより「トレーニングジム」に近いので、
毎回のテーマは一応ゆるやかに決まっているものの、
そのテーマのみを扱うわけではありません。

繰り返しによって、大事なことをしっかり体に沁み込ませる場です。

だからMKCレッスンは、

《MKC=Mind Kinetic Control》(心と体の最適化)

という目的で通うトレーニングジムである、といえます。

その証拠に、前回も前々回も「階段の昇り方」というテーマではなく、
デフォルト・モード・ネットワークや発想力といった、
もっと「言葉」に近いタイトルでしたが、
話の流れの中で体の使い方を取り上げ、「階段の昇り方」を練習しました。

「快適さ」という大事なテーマにつながる日常の動きですからね。

こんなふうに書いてくれた方もいます。

> 歩く時の体の使い方を変えるだけでこんなに快適になるなんて、
> ある意味自分の中の革命ですね。
> 知らずに負担をかけ続けるところでした。

せっかくの心身を上手に使って「快適さ」の中で過ごしてほしい。

だから、いつかまた「階段の昇り方」をテーマとする回を設ける、
という意味ではなく、いつでもどこでも何度でも、
必要に応じて体の使い方として解説するから、大丈夫です。

会場で質問していただければ、その場で実演もできますよ。

 

●「身につけて」ください

トレーニングジムだから、成果を積み重ねていきます。
成果の積み重ねが大事。

「方法を覚える」ためではなく、
「できるようになる」ためのトレーニングです。

「階段の昇り方」といった「方法に関する知識」を仕入れても、
使いこなせなければ何の意味もありません。

プラスにならないばかりか、頭でっかちになる分、マイナスといえる。

MKCでトレーニングしていることは、必ず「身につけて」くださいね。

ちょっとやってみて、しっくりこないうちにあきらめるのが、
一番もったいない。

モノにしないと、注いだ時間とエネルギーが無駄になってしまいます。

身につけて、体に入れて、使いこなしましょう。

次回の「ことば学講座」は11月8、10日です。こちらからお手続きをどうぞ。
   ↓
https://wsi-net.org/kotoba.html (ことば学講座)

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です