なぜこれだけで体が楽になったかわかりますか?

「ことば学講座」のお申込みはこちらからどうぞ。
   ↓
https://wsi-net.org/kotoba.html (ことば学講座)

 * * *

 

●階段の昇り方を始めて教わった

MKCレッスンの目的は、あなたの毎日を「快適」にすることです。

先日の「ことば学講座」で、階段の昇り方をお伝えしましたね。

もっとも、本題は「アイデアを取り出す発想力アップ」でしたが、
すぐに効果が実感できるのは、階段のほうでしょう。

帰り道に早くも実践して、前々回の技を練習していたから、
動作がさらに高いレベルに進歩して「快適」になったのを実感できたようです。

こんなメールが届きました。

「今日の帰りにさっそく階段を昇るときに習った動きを使うと
前回よりもさらに楽に上れました」

「階段の上りは前回もご報告させていただいた通り、
サクサクと登れております♪」

「階段の昇り方を教わったのは初めてでした。
こういう機会は本当に少ないので、感謝しています」

受講者のみなさん、しっかり実践して、成果を上げていますね。

言葉の能力も、体の使い方も、一生ものです。
一つ一つの技やコツの積み重ねですからね。

こうしてトレーニングするかしないかで、
年々差がついていきます。

残りの一生を「快適」に生き、充実した毎日を生きるために、
一つ一つ丁寧に身につけていきましょう。

 

●あなたはアクセルと一緒にブレーキを踏んでいた

こういったトレーニングは、あなたを日に日に「快適」にします。

言語能力を高めて人間関係を改善したり、仕事で成功したり、
体の使い方を覚えて、トラブルなく楽に動けるようになったり、
ネガティブでつらい思考パターンから解放されたり……など、
すべてが「快適」につながっています。

たとえば、コミュニケーション能力のせいで仕事がうまくいかないと、
人間関係に苦しむだけでなく、収入も低い水準にとどまり、
行動は制限され、将来への期待も持てないでしょう。

体の使い方を知らず、年齢とともにあちこちに痛みを生じると、
立ち上がるのも歩くのも億劫になって、表情も険しくなっていく。

ネガティブ思考パターンのせいで愚痴や悪口を思い浮かべる傾向が強いと、
「付き合いたくない人」「共感はできても一緒に過ごしたくないタイプ」
とレッテルを貼られて孤立していく。

・言葉の使い方
・体の使い方
・意識の使い方

という、MKCレッスンで扱うトレーニングは、
小手先のテクニックでごまかし切り抜けるのと違って、
本質的に状況を改善して、毎日を「快適」にしてくれます。

今回お教えした階段の昇り方で、なぜこんなに動きが楽になったのか。

同じ距離を動くにも、ラクラクサクサク動ける人と、
ぐったり重たい体に鞭打って動く人がいます。

これからのあなたと、以前のあなたの違いのように感じるかもしれません。

3階まで階段を昇ってヒーヒー言っていたかつてのあなたが、
今はちょっとした技を知って若々しく美しく階段を昇っていく。

なぜなのか。

以前のあなたは、アクセルと同時にブレーキを踏んでいたからです。

文字通り、ブレーキ筋である大腿四頭筋を効かせてしまっていた。

ブレーキ筋を使わないコツを覚えて、少しトレーニングすれば、
こんなに楽に動けるようになるのです。

これほど楽なら、何歳になっても自分の足で歩けるし、
ちょっとばかり筋肉が衰えたところで、寝たきりにならない。

「技」は衰えないからです。

言葉の技、動作の技、意識の技を鍛えていきましょう。

次回の「ことば学講座」は11月8、10日です。こちらからお手続きをどうぞ。
   ↓
https://wsi-net.org/kotoba.html (ことば学講座)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です