学習能力が高まる意識状態の作り方

●覚え方によって、こんなに差がつく

今回は「学習能力が高まる意識状態の作り方」というテーマを取り上げます。

今、どうしても身につけたい技術、覚えたい知識はありますか?

  • 今の仕事に必要な技能をとにかく身につけたい
  • 新しい部署で配属されて、覚えなければならないことがたくさん
  • 海外出張のために英語をブラッシュアップ
  • 歌や楽器といった習い事の技能を高める必要がある
  • 技術の向上がすべてといえる仕事(デザイン、金属加工、講師など)
  • 今は「good」程度の技術を「great」レベルにしたい

このような希望があるなら、あなたに必要なのは「学習能力が高まる意識状態の作り方」です。

高いレベルで何かを習得したいとき、邪魔をするのはたいてい「意識状態」だからです。

もし、今までに自分でも驚くくらいすんなりと、高いレベルで何かを覚えたり、身についたりした経験があるなら、そのときの「意識状態」が特殊だったこともなんとなく覚えているでしょう。

私は語学と、合気道で、そんな経験が始まったのを覚えています。

特に語学は、「言語学」という学問を専攻するにあたって必要に迫られ、超短期、超高濃度の学習をせざるを得ませんでした。

通常なら1年かけて学ぶ内容を、1か月で確実に習得して次へ進む、という感じです。

そんな高濃度を実現するには、小手先の語呂合わせだとか、参考書選びだとか、睡眠学習だとか、朝に勉強だとか、何分勉強したら何分休むだとか、そんなことをいくら工夫しても、ぜんぜん足りません。

意識状態をベストに、いわば学習に最適なトランス状態に持っていけなければ、どんな工夫をも台無しになってしまいます。

「参考書はどれがいいでしょうか」「やっぱり勉強は朝がいいですか」なんてことを気にしているうちは、まだまだ「学習の本質」がつかめていません。

朝だろうと深夜だろうと昼休みだろうと、語学だろうとスポーツだろうと音楽だろうと、仕事の質を高める技能だろうと、すべてに当てはまる「学習の本質」をつかんでください。

「ことば学講座」に先だって、あなたが身につけたいこと、レベルを高めたいことを、ぜひメールで聞かせてください。

このメールに返信すれば届きます。楽しみに待っていますね。

「ことば学講座」は現在、オンラインで受講できます。
   ↓
https://wsi-net.org/kotoba.html (ことば学講座のお申込みはこちら)