質問の達人になろう

 * * *

「ことば学講座」のお申込みはこちらからどうぞ。
   ↓
https://wsi-net.org/kotoba.html (ことば学講座)

 * * *

●とっても「素直」ですよ

ちょっと前に「素直が一番」という話をしましたね。

「伸びるタイプ」と「伸び悩むタイプ」の違いについてです。

こんなメールが届きました。

「素直が一番」にハッとしました。
他の受講者と同じように、そのまま受け取っていませんでした。

大丈夫。「ハッとした」のだから、とっても素直ですよ。

伸びるタイプです。

紙を一枚ずつ積み重ねができるタイプですから、成果が表れてくると、そこからはグイグイ来ますよ。

「何をするか」(行動)、「何を考えるか」(思考)の一つ一つが、紙一枚です。油断することなく、丁寧に「素敵な紙」「良質な紙」を積み重ねていきましょう。

口にする言葉、

表情、

ふと感じたこと、

刺激に対する反応、

休日の過ごし方、

トラブルがあった時の意識の持ち方、

等など、「これでOKかな」と自分自身をいつもモニターして、「良い紙」が重なるように気をつけていきましょうね。

さて、今月は「質問」のトレーニングです。

最も重要といえる、コミュニケーションの技です。

●「質問」の威力を知っていますか?

今月23日(土)は、新潟市のフェルマータカフェで「冬の講座」をおこないます。

※お申込みは https://fermata-cafe.com/fer/lesson/seasonal/ から

今回のテーマは「質問の技法」。

コミュニケーションでの「質問」の威力を知っていますか?

──と聞かれたら「知らない」とは答えないと思いますが、しかし本当に「質問」という技の威力を知り、使いこなしている人は少数です。

「良い質問はすべてをあなたにもたらす」というのに、そこまでの重大事とは理解されていないのが「質問」でしょう。

会話の何割を「質問」が占めていると思いますか?

これから気にしてみてください。こんなに質問をしたりされたりしていたのだと驚くはずです。

良い関係が築けたとき、そこには「良い質問」があったはず。

摩擦を起こして人間関係がこじれたとき、そこには「マズイ質問」があったはず。

問題解決の手がかりが得られたとき、「良い質問」がカギとなったはず。

問題をさらに混沌とさせてしまったとき、「マズイ質問」が原因だったはず。

相手が喜んであなたに付き合ってくれたとき、「良い質問」がキッカケだったはず。

相手が「怒った」程度なら、その原因はあなたの怠慢やミスのせいかもしれない。

しかし相手が「激高した」「ぶちキレた」としたら、「マズイ質問」が引き金になったことでしょう。

では、良い質問と、下手な質問の違いは、何なのでしょうか。

質問は「技術」ですから、練習でうまくなります。

今月23日、新潟市のフェルマータカフェで「質問」を学んで、「質問の達人」になりましょう。

【冬の講座】
日時:2019年2月23日(土)15:00~20:00頃
場所:フェルマータ(新潟市中央区上近江、025-290-7227)
料金:10,000円(お食事つき)
講師:齋藤匡章(言語戦略研究所)
内容:質問の技法

※お申込みは https://fermata-cafe.com/fer/lesson/seasonal/ からどうぞ